東洋医学

『素問』

『素問』異法方宜論篇 第十二 【毫鍼:鍼】

鍼(九鍼)は南方で発達し、伝来したとされています。 南方の地域は、天が高く、日光がさんさんと降り注ぎ、あらゆる自然界のものを生長させ養う気候で、陽気がとても旺盛です。 地形は低く、湿気が多いため、土が柔らかくじめじめしているた...
『素問』

『素問』 霊蘭秘典論第八 三焦

三焦 ●決瀆の官:瀆は溝や用水路を意味し、水を流したり、止めたりする役 ⇒「決は通であり、瀆は水道である。 上焦が治まっていないと、高原に水が溢れるようになる。 中焦が治まっていないと、中脘に水が溜...
『素問』

『素問』 霊蘭秘典論 第八  肝・胆

肝 ・将軍の官:軍隊の指揮官、戦の統率者の事 ⇒邪気に抵抗する、外邪と戦う作用を持ち、非常に猛々しい性格を持った臓 ・謀慮焉(これ)より出づ:はかりごとを意味する ⇒邪気に対して肝の臓が、あれこれと思いをめ...
ブログ

改変問題解説③「仕事の重圧とイライラ」

以前、投稿した解説②の続きになります。 解説問題②「焦燥感」( 今回は、仕事の重圧によりイライラするという記述を考察したいと思います。 まず、こういった情志に関する病因を「情志要因」といいます。 (詳しくは...
ブログ

情志要因(七情内傷)

今回はちょっと小難しいので学生の方には理解しにくいかもしれません。。。 精神的、情緒活動による発現される疾病の要因を情志要因といい、東洋医学的には七情内傷といいます。 歴代の医家たちは非常に重視していたことを考えても人間の感情...
ブログ

改変問題解説②「焦燥感」

改変問題解説②「焦燥感」 以前、投稿した解説①の続きになります。 解説問題①「36歳男性」() 今回は主訴である「焦燥感」 東洋医学では焦燥感のことを「煩躁」といい、気持ちが落ち着かず、手足をじっとさせていられない...
『素問』

『素問』異法方宜論篇 第十二 【湯液・漢方薬】

湯液は西方の国で発達したとされています。 西方は日が落ちる地域であり、秋季の気候状況に似ているため、収斂された金属を産出する砂漠地帯です。 住民は丘陵地帯に住んで風にさらされる環境にあり、水分が少なく土質は粗い場所で、毛布を着...
『素問』

霊蘭秘典論第八 肺・大腸

肺 ・相傅の官:君主である心を補佐する宰相の役割を果たしている。 ・治節焉(これ)より出づ:節は制御を意味し、各臓腑に対して調整する役割を持つ。 ⇒現代日本では、空気汚染等、肺が病むことが多く、相対的に後述する肝の方が力...
アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎と十全大補湯

十全大補湯というのはどういった漢方薬かと言いますと、 まず効用は「温補気血」といい、【身体を温め、気血を補う】漢方薬になります。 基本的には気血不足による様々な症状に対応し、よく処方される症状としては、 ①疲労による咳 ...
健康習慣

PMS(月経前症候群)と加味逍遥散

PMSとは月経の1週間前頃から涙が出たり、イライラしたり、ゆううつになったり、甘いものが食べたくなったり、人によっては腰痛や腹痛・便秘、頭痛、下痢、嘔気、むくみ、うつなどたくさんの症状が生じる大変、辛い症状群のことをいいます。 ...
タイトルとURLをコピーしました