霊蘭秘典論 第八 『素問』

お知らせ

この篇では、十二臓腑の各々の機能について論じられ、当時の政府の官職名にたとえて、各臓腑が人体において異なった働きをしていることを説明している。

霊蘭とは霊台蘭室のことで書籍を収蔵している場所を指し、秘典とは「至動は微に在り」を指し、これは健康に注意することは最初が極めて重要であり、もし慢性化して病気が進んでしまうと大変な結果を招くことがあるということを私たちに警告している。それゆえ大切に保存して伝えるべきであることを指し、この篇は「霊蘭秘典論」と名付けられている。


・君主の官:

⇒人間の身体を一国とすれば、国王の位に位置するものであり、中枢的役割をしている事を示している。

・神明焉(これ)より出づ:精神・意識・思惟活動は心の働きであるという意味。

※つまり人間の生命を運営する精神活動の根本を受け持つ働きをします。


膻中(心包絡)

・臣使の官:宮内庁の侍従の職のようなもの

※侍従:付き従い、身の回りの世話などをする行為、または従う者そのものを指す。

・喜楽焉(これ)より出づ:心に代わって喜怒哀楽の精神感情を受け持つ

⇒私自身なぜ心に代わる必要があるのか謎であったのですが、韓非子に面白い記述があります。


【韓非子 二柄篇】

「君主が自分の好みを去り、憎みを去れば、群臣は素のままの姿を現す」

韓非子と黄帝内経が編纂された時代は近く、この時代の君主は感情を余り表にださなかったのかもしれません。

だからこそ、君主(心)に代わり侍従(心包:膻中)が代わりに喜怒哀楽など表出する役割があるのかも。。。

※なぜこの表現があるかは長くなるので割愛いたします。

ほかの臓腑については、また次回に!



参考文献

・西川靖至二「韓非子」株式会社KADOKAWA.2005

・石田秀実「現代語訳黄帝内径素問 上巻」東洋学術出版社.1991

・藤本蓮風「臓腑経絡学」アルテミシア.2010

・小曽戸丈夫、浜田善利「意釈黄帝内径素問」築地書館株式会社.1971

タイトルとURLをコピーしました