「たった10秒!風邪(カゼ)予防対策〇

Pocket

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

さて、本日は「たった10秒!」風邪予防対策について書いていこうと思います!

たった10秒!?と思われるかと思いますが、本当に効果がありますので、ぜひお試しください^^

また、風邪をひいて寒気などを感じている方や、寒いと肩こりがきつくなるという方にもおすすめです!!

もちろん、手洗い、うがいも大切ですので、そちらもお忘れなく・・・笑

 

 

まずは一般的に言われている「風邪(カゼ)」というのを東洋医学的に言いますと、

 

風寒邪 (風邪;フウジャ + 寒邪;カンジャ) なんですね。

 

「風邪」は「カゼ」って読むんじゃないの?

 

と思われるかもしれませんが、

「風邪」を「カゼ」と読むのは西洋医学においての読み方であり、通常、急性上気道炎(感冒)をさします。ほら風邪薬の箱などに総合感冒薬って書いてあるでしょ?

病院で風邪症候群(カゼショウコウグン)と言われることも多いと思いますが、、、

 

では、風邪(フウジャ)と寒邪(カンジャ)について説明しますね。

 

①風邪(フウジャ)

風の邪気で人体に影響して病変を起こします。

まず、風というのは自然界を流動する気流のことですが、春の季節(旧暦の1月~3月)によく吹きますが、四季を通じて一年中吹いています。

また、地表よりも上空の方が強く風が吹くわけですが、風邪(フウジャ)も人体のより上の方に影響し、犯しやすいです。

ですので、風邪に犯されますと、頭痛や顔面神経麻痺など、人体の上の症状が出てしまいます。

また、風はいろいろなものを飛ばし運ぶことから、風邪も単体で人体を犯すというよりは、寒や熱などと一緒に体を犯してしまいます。

 

②寒邪(カンジャ)

寒は、気温が低いことであり、寒邪は主に冬の季節(旧暦の10月~12月)に体に影響します。

他の季節であっても、気温が急に下がって保温を怠りますと寒邪を受けることがありますので注意が必要です。つまり気温のことであり、寒暖差のことでもあるわけで、特に寒暖差の方が重要です!

また、雨にぬれたり、汗をかいた後に風にあたる、冷たい飲み物を飲みすぎることなどでも寒邪に犯されてしまいますので注意してください。

冬のお風呂では、冷めてくると冷たい水は下に、温かいお湯は上にあがりますが、これと同じように寒邪も足元から体に入ってきてしまいますので、足元を冷やさないようにすることが必要です。

 

しかし、先ほども説明したのですが、風邪というのは寒や熱などを運び、風寒邪として人体を犯しますので、外に出る際は足元のみでなく、首周りも冷やさないようにマフラーなどをしてくださいね。

 

ここでさらに当院がおすすめする冷え対策(風寒邪対策)もやっていただくことでさらにカゼ対策につながりますので是非やってみてください!

 

では、実際のやり方ですが、、、

たった10秒!カゼ予防対策

用意するもの : 汗拭きタオル1枚

やり方

①タオルを半分に折る。

②半分に折ったタオルを背中に少しずつ入れ込んでいく。

(または服を着る前に背中にタオルを当てて、タオルの上から服を着る。)

③完成。下のように背中(背骨)全体を覆うようにタオルをいれてくださいね。

、ぜひ、ご自宅で簡単にできますので、お試しください。^^

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

Pocket